全国旅行の旅

全国各地の【旅行先とTwitter・5ch・2ch等のつぶやきコメント】のまとめサイトです。
人気スポットから知らない旅行スポットの詳細まで知れるかも?
これをきっかけに、あなたもレッツ旅行!!

    カテゴリ:旅行 > 温泉旅行


    【温泉】冬に入りに行きたい温泉地ランキング 1位は箱根温泉♨


    この冬行きたい温泉地ランキング 3位は草津、2位は鬼怒川、1位は?
    …、「この冬行きたい場所」「この冬行きたい温泉地」をテーマに全国調査を行いました。 2022年1月12、13日、アソビュー!会員6165人がインターネッ…
    (出典:まいどなニュース)


    箱根温泉(はこねおんせん)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある、温泉の総称である。旧相模国の時代から湧出してきた温泉群に加えて、新たに掘削などによって開発された温泉も含まれる。この結果、箱根火山の麓から中腹まで、温泉街が点在している。なお、付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
    23キロバイト (3,712 語) - 2021年11月15日 (月) 22:15


    早く色んな温泉地に入りに行きたいな(´ω`*)

    【【温泉】冬に入りに行きたい温泉地ランキング 1位は箱根温泉♨】の続きを読む


    長良川温泉が「にっぽんの温泉100選」に 11年連続で選出、過去最高28位

     岐阜市の長良川温泉が、観光経済新聞社(東京都)の「第35回にっぽんの温泉100選」に11年連続で選出された。長良川河畔の旅館・ホテル6社でつくる「…
    (出典:岐阜新聞Web)


    長良川温泉(ながらがわおんせん)は、岐阜県岐阜市(旧国美濃国)にある温泉。源泉は温泉地の北部にある三田洞神仏温泉。 単純炭酸鉄泉 源泉温度:15℃ PH:6.7 湧出量:毎分1,000リットル 岐阜城金華山の北麓を流れる長良川沿いには7軒のホテル、旅館が存在する。
    3キロバイト (361 語) - 2021年9月24日 (金) 09:11


    他の100選含めて全部回ってみたいな( ^∀^)

    【【温泉】岐阜・長良川温泉が”にっぽんの温泉100選”に選ばれる】の続きを読む


    長野・昼神温泉郷 厄除けの神様登場 大きな口で「厄を食う」

    …穏やかな表情を浮かべるひな人形に…豪華絢爛、つるし雛。下伊那郡阿智村・昼神温泉郷の旅館では、ロビーにある能舞台におよそ2000体のひな人形が飾られてい…
    (出典:テレビ信州)


    昼神温泉(ひるがみおんせん)は、長野県下伊那郡阿智村付近で、国鉄中津川線を建設しようとトンネル工事をして掘り当てた温泉である。それ以前にも温泉が有ったとの伝説は残るものの、定かではない。 2020年現在、昼神温泉では複数の源泉井から温泉水を得ている。これらの源泉井は、いずれも昼神
    11キロバイト (1,185 語) - 2021年11月1日 (月) 14:07


    「いしだ」には泊まったことありませんが、昼神温泉にはまた星を見に行きたいな(^∇^)

    【【ユニーク】昼神温泉の旅館で悪霊退散 大きな口で厄除け】の続きを読む


    【幻想的】湯西川温泉で”かまくら祭”日本夜景遺産の絶景を今月末から


    湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)は、栃木県日光市(旧下野国)の日光国立公園内にある温泉である。温泉地名の由来ともなった湯西川(一級河川利根川水系)の渓谷沿いに旅館や民家が立ち並ぶ温泉地。 アルカリ性単純温泉。無色透明、無味無臭で含まれる成分が少なく、刺激が弱いため、利用範囲が広い温泉
    7キロバイト (768 語) - 2021年7月4日 (日) 05:20


    目一杯楽しんだ後に温泉に入りたいですね(≧▽≦)

    【【幻想的】湯西川温泉で”かまくら祭” 日本夜景遺産を今月末開催】の続きを読む


    あったか極楽~ 長野・地獄谷で野生のサルが雪見風呂

    雪が降りしきる中、地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル=長野県山ノ内町で2022年1月18日午前11時35分、吉田航太撮影
    (出典:毎日新聞)


    地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザル(Macaca fuscata)の生態の観察が出来る野猿公園。冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地。英語圏では“Snow Monkey Mountain”とも呼ばれる。
    25キロバイト (3,494 語) - 2022年1月18日 (火) 04:26


    気持ちよさそうですね(*'▽'*)

    【【温泉】気持ち良さげ♨️”地獄谷野猿公苑”で雪見風呂】の続きを読む


    支笏湖温泉で「氷濤まつり 氷の美術館」 氷像ライトアップも

     「2022氷濤(ひょうとう)まつり 氷の美術館」が1月29日から、千歳市の支笏湖(しこつこ)温泉郷で始まる。(札幌経済新聞)  支笏湖の湖水を使っ…
    (出典:みんなの経済新聞ネットワーク)


    千歳市 > 支笏湖温泉 支笏湖温泉(しこつこおんせん)は、北海道千歳市にある温泉、および支笏湖東岸部の地名である。 炭酸水素塩泉 塩化物泉 源泉温度33.2℃ 支笏洞爺国立公園内、支笏湖の東岸に支笏湖温泉があり、付近一帯の地名にもなっている。遊覧船の発着場所があるほか、飲食店やみやげ物屋なども多く温泉街を形成している。
    6キロバイト (625 語) - 2021年9月20日 (月) 13:09


    鮮やかな光景ですね( ´ ▽ ` )

    【【支笏湖温泉】1月末から”氷濤まつり”開催 氷像のライトアップ彩る】の続きを読む


    【新たな試み】沖縄が”サウナ県”?!「サ活」プランに活路


    沖縄「サウナ県」になる?リゾートプールが水風呂に 休憩付きの「サ活」プランも
    …てほしい」と話す。共催した沖縄アウトドアサウナ協会理事で編集者の箕輪厚介さんは「サウナは冬でも雨でも楽しめる。持続可能な沖縄観光の形になるのではないか…
    (出典:琉球新報)


    サウナ(芬: sauna)は、蒸し風呂という蒸気浴・熱気浴のひとつで、フィンランドが発祥とされている。サウナ風呂(サウナぶろ)ともいう。サウナストーンと呼ばれる石をたくさん乗せたストーブを熱し、その熱と、石に水をかけてつくる蒸気とで室内の温度・湿度を調整する。室内の温度は約50℃から120℃以上に
    47キロバイト (6,239 語) - 2022年1月8日 (土) 01:56


    沖縄でサウナか、どんな感覚になるのかな(・ω・)

    【【新たな試み】沖縄が”サウナ県”?!「サ活」プランに活路】の続きを読む


    【新春恒例】和歌山・川湯温泉で干支のトラなどの”ジャンボ張り子”つり下げ


    川湯温泉(かわゆおんせん)は、和歌山県田辺市本宮町(旧国紀伊国牟婁郡)にある温泉。 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉 熊野川の支流である大塔川の左岸に旅館や食堂、共同浴場が存在する。川原を掘れば温泉が湧くことが大きな特徴である。川の流れの中にも湯が湧いており、川底から気泡が上がるのが見える。
    6キロバイト (687 語) - 2021年11月4日 (木) 11:08


    各地の中止になってる恒例行事もどんどん復活して欲しいですね(*^▽^*)

    【【新春恒例】和歌山・川湯温泉で干支のトラなどの”ジャンボ張り子”つり下げ】の続きを読む


    雪深い秋田県の名湯「乳頭温泉郷」7軒を回れる「有効期限1年」おトクすぎる「湯めぐり帖」

    …クするか、休暇村乳頭温泉郷に問い合わせしよう。 ■すばらしい自然と温泉が楽しめる乳頭温泉郷周辺 たっぷりと温泉を楽しめる乳頭温泉郷周辺には、散策コー…
    (出典:BRAVO MOUNTAIN)


    乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)は、秋田県仙北市、十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉の総称、温泉郷である。 標高600 - 800メートル付近に温泉郷が広がっている。 「鶴の湯温泉」から最奥の「黒湯温泉」の六軒の一軒宿、および「休暇村乳頭温泉郷
    4キロバイト (412 語) - 2021年11月1日 (月) 01:35


    いつか入りに行きたいな( ^∀^)

    【【名湯】雪と似合う乳頭温泉郷のお得な”湯めぐり帖”とは?【秋田】】の続きを読む


    『イッテQ!』でも大注目!「足湯からプールまで」北関東「温泉に入れる道の駅」3選

    …20分ほど。ちなみに喜連川温泉は、佐賀県の嬉野温泉と島根県の斐乃上温泉に並んで「日本三大美肌の湯」に選ばれている。  道の駅の中には、農産物を販売して…
    (出典:BRAVO MOUNTAIN)


    道の駅奥久慈だいご(みちのえき おくくじだいご)は、茨城県久慈郡大子町にある国道118号の道の駅である。 施設1階には売店やレストランが入り、2階は温泉施設となっている。 駐車場(普通車48台、大型車9台、身体障害者用2台) トイレ 公衆電話 情報案内コーナー 売店(9:00 - 18:00) 産地直売コーナー
    3キロバイト (279 語) - 2021年6月13日 (日) 23:15


    道の駅に寄ったついでに温泉にも入れたら最高ですね(^∇^)

    【【注目】道の駅&温泉コンビのブームに注目】の続きを読む

    このページのトップヘ