全国旅行の旅

全国各地の【旅行先とTwitter・5ch・2ch等のつぶやきコメント】のまとめサイトです。
人気スポットから知らない旅行スポットの詳細まで知れるかも?
これをきっかけに、あなたもレッツ旅行!!

    タグ:危機感


    SARSコロナウイルス2(サーズコロナウイルスツー、英語: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV)…
    71キロバイト (7,361 語) - 2023年6月23日 (金) 16:11
    全国的にも、感染拡大が止まらない状況が続いています。
    コロナ5類やマスク自由となりましたが、手洗いやうがい、人の多いところではマスク着用など、改めて基本的な防疫対策をとるのが大切ですね。

    1 シャチ ★ :2023/06/24(土) 03:32:04.94ID:/PK8nCr09
     厚生労働省は23日、全国約5000の定点医療機関から報告された12~18日の新型コロナウイルスの患者数が1医療機関あたり5・60人だったと発表した。前週比1・10倍で、増加傾向が続いている。特に沖縄県の感染状況は深刻で、救急医療の制限を余儀なくされている。同県の医療関係者は「入院が必要な人が入院できなくなる医療崩壊が来週にも起こり得る」と危機感を募らせる。

     沖縄県の12~18日の患者数は1医療機関あたり28・74人で、新型コロナの感染症法上の位置づけが5類に移行した直後から1カ月あまりで4・73倍に急増した。県によると、新型コロナの入院患者数は500人を超え、今年1月の第8波を既に上回っている。

     県立中部病院感染症内科・地域ケア科の高山義浩医師は「市中での感染拡大に加え、医療従事者の感染による人手不足と、院内感染によって医療逼迫(ひっぱく)が進んでいる」と指摘する。さらに、5類移行で県による入院調整がなくなったことも医療逼迫に拍車をかけているといい、「患者が救急医療機関に集中しないよう、症状やリスクに応じて、自宅や施設で療養を続けたり、地域の病院で治療したりするなどの整理が必要だ」と訴える。

     沖縄県は21日、救急医療を守るため、県民に検査キットや解熱剤を事前準備し、軽症者は救急受診を控えるよう求めた。高山医師は「発熱などの症状がある人はイベントや飲み会に出かけないなど感染拡大防止に協力してほしい。重症化リスクが高い高齢者は、今の流行状況では人と集まるのを控えてほしい」と呼びかけている。【金秀蓮】

    6/23(金) 18:21配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee5c8f290d85834e64493840d7201e52e94b2e46
    2023/06/24(土) 00:23:57.62
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1687533837/

    【【コロナ】沖縄からの警鐘、「来週にも医療崩壊」の危機感が全国に拡大】の続きを読む


    【危機感】ベテラン飼育員も懸念 近い将来のラッコの姿


    ラッコ(海獺、Sea otter, Enhydra lutris)は、食肉目イタチ科ラッコ属に分類される哺乳類で、海獣の一種。現生種では本種のみでラッコ属を構成する。 北太平洋の、北アメリカ大陸から千島列島の沿岸にかけて棲息。毛皮を採取するため乱獲され、日本では20世紀初頭に絶滅したと考えられていた…
    33キロバイト (4,079 語) - 2023年4月16日 (日) 14:36


    ピーク時の数と比較しなくても、現状の深刻さが窺えます。あと数年もしたら、水族館からラッコの姿が完全になくなってしまいますね。

    【【危機感】ベテラン飼育員も懸念 近い将来のラッコの姿】の続きを読む


    【コロナ禍】まん防適用中の新千歳空港 人流が減り”危機感”


    新千歳空港(しんちとせくうこう、英: New Chitose Airport)は、北海道千歳市と苫小牧市にまたがって所在している空港。2020年6月1日に運営が北海道エアポートに移管(民営化)された。国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港として空港
    129キロバイト (15,919 語) - 2022年1月16日 (日) 10:21


    空港も出かける人がいないと成り立たないですよね(/ω\)

    【【コロナ禍】まん防適用中の新千歳空港 人流が減り”危機感”】の続きを読む

    このページのトップヘ