全国旅行の旅

全国各地の【旅行先とTwitter・5ch・2ch等のつぶやきコメント】のまとめサイトです。
人気スポットから知らない旅行スポットの詳細まで知れるかも?
これをきっかけに、あなたもレッツ旅行!!

    タグ:国内


    【悲報】国内の水族館で見れるラッコが僅か3頭のみ


    日本でわずか3頭 “水族館の人気者”ラッコが消える?! 残るは福岡と三重のみ
    …れました。 このラッコを水族館で保護できないか検討が行われていますが、ラッコの研究が遅れている日本では、野生のラッコと保護すべきラッコの判別ができるよ…
    (出典:TNCテレビ西日本)


    水族園、新潟市水族館 マリンピア日本海、アドベンチャーワールド、鳥羽水族館、のとじま臨海公園水族館の6館8頭となった。2021年8月時点では、マリンワールド海の中道で1頭、鳥羽水族館で2頭の合わせて2館3頭となった。 2021年5月9日、須磨海浜水族園の所有する雄のラッコラッ
    31キロバイト (4,073 語) - 2022年5月10日 (火) 11:35


    北海道で野生のラッコの群れが見つかってるぽいけど、すぐに水族館へってことはないだろうし、今のうち見に行くのがいいかな(/・ω・)/

    【【悲報】国内の水族館で見れるラッコが僅か3頭のみ】の続きを読む


    写真映え必須!?国内の巨大オブジェをご紹介
    …日本国内にある有名巨大オブジェをピックアップ! ツーリングに最適な季節、長期休暇に写真映えを狙って巨大オブジェをツーリングで訪れてみるのも良いかもし…
    (出典:バイクのニュース)


    道の駅オホーツク紋別(みちのえき オホーツクもんべつ)は、北海道紋別市にある北海道道304号紋別港線の道の駅である。科学館・北海道立オホーツク流氷科学センター(ほっかいどうりつオホーツクりゅうひょうかがくセンター、英: OKHOTSK SEA ICE MUSEUM OF HOKKAIDO)の施設内にある。
    6キロバイト (542 語) - 2022年3月25日 (金) 00:52


    え、火影岩がリアルに存在してたんだΣ('◉⌓◉’)?!

    【【驚愕】国内にある「巨大オブジェ」写真映えするオブジェ紹介】の続きを読む


    日本にある「世界遺産」いくつ知っている? 全25か所知名度ランキング

    ….com/)が全国500名以上の方を対象に日本にある世界遺産についての知名度調査を実施したところ、最も知名度が高かったのは「屋久島」で約7割の人が世界…
    (出典:Suits-woman.jp)


    屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47 km2がユネスコの世界遺産に登録されている。この世界遺産への登録は1993年、姫路城、法隆寺、白神山地とともに日本からの第一陣であった。 全島が屋久島町の町域である。 本島においての発電は、屋久島
    87キロバイト (9,619 語) - 2021年12月30日 (木) 04:38


    名前見ると知ってるのあるけど咄嗟には出てこないものですね(^◇^;)
    そして後半になると全くわからない(-。-;

    【【日本】全国の全25ヶ所の世界遺産 あなたはいくつ知ってる?】の続きを読む


    訪日外国人旅行者 過去最低の24万5900人 コロナ前より99%以上減 観光庁

     観光庁は去年の訪日外国人旅行者の数が24万5900人で、1964年の統計開始以来、過去最低になったと発表しました。  観光庁は去年1年間の訪日外国人の数が…
    (出典:テレビ朝日系(ANN))


    訪日外国人旅行(ほうにちがいこくじんりょこう)/インバウンドツーリズム(Inbound Tourism)では、世界から日本を訪れる旅行者の概況と日本経済・社会に与える影響と、課題について説明する。 訪日外国人旅行者数は、2000年(平成12年)に約476万人、2005年(平成17年)に約673万人、
    28キロバイト (3,638 語) - 2021年12月14日 (火) 23:57


    コロナ禍で、それでも24万人以上訪れてることにも触れて欲しいですね(o^^o)

    【【旅行】訪日外国人旅行者 2019年の99%以上減り過去最低に】の続きを読む


    【コロナ】北海道の感染数が1000越えで過去最多に


    国内新規感染者、2日連続で過去最多更新 東京も最多の7377人
     午後5時現在で、複数の都道府県で過去最多の感染者数を更新。東京都で7377人となり、昨年8月の5908人を超えて過去最多となった。北海道で1170人、大阪府では約…
    (出典:朝日新聞デジタル)


    SARSコロナウイルス2(サーズコロナウイルスツー、英語: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV)
    71キロバイト (7,319 語) - 2022年1月19日 (水) 01:50


    え、1000超え!?
    ヤバッ(゚Д゚;)

    【【コロナ】北海道の感染数が1000越えで過去最多に】の続きを読む


    ピーク時122頭が国内わずか4頭に…水族館のラッコが“絶滅の危機” 輸入も繁殖もできず模索続く

    …。鳥羽水族館でも、保護を目的としたラッコの展示に期待を寄せている。 鳥羽水族館 石原良浩さん: 人間が育てたのでは野生復帰ができないので、水族館へ収容…
    (出典:FNNプライムオンライン)


    NHKの「みんなのうた」で1986年(昭和61年)頃に放送されていた曲『いたずラッコ』のバックで流れているラッコの実写映像の撮影地は、ここ鳥羽水族館である。 入り口では日本語のほかに、中国語、韓国語、英語のパンフレットも配布している。台湾語のパンフレットも用意さ
    30キロバイト (3,926 語) - 2021年12月20日 (月) 02:26


    割といるイメージだったけどたったそれだけしかいなかったのか(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)🦦

    【【水族館】ピーク時から大幅減少 飼育数122→4頭になったラッコの模索続く】の続きを読む


    新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > SARS-CoV-2の変異株 > オミクロン株 (系統 B.1.1.529) SARSコロナウイルス2-オミクロン株(サーズコロナウイルスツー オミクロンかぶ、英語: SARS-CoV-2 Omicron variant、別名 : 系統B.1.1
    87キロバイト (9,668 語) - 2021年11月30日 (火) 23:54



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    また新しいコロナ株の問題か(ㆀ˘・з・˘)

    1 名無しのアビガン(ジパング) (ラクッペペ MM8f-pd4I) :2021/11/30(火) 15:43:30.58

    ひえええ


    【【悲報】国内でオミクロン株の感染が確認される】の続きを読む


    年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。 この期間を含め大まかに例年12月最後のことを年末・年の暮れあるいは暮れ・年の瀬、1月前半のことは年始
    19キロバイト (2,497 語) - 2021年1月23日 (土) 11:28


    年末年始はきっと仕事だからその後に休み見つけて出かけたいな(^∇^)

    【【旅行】落ち着きを見せるコロナ禍で年末年始はどう過ごすのか】の続きを読む


    一人旅(ひとりたび、solo travelあるいはsingle travel)とは、(旅行)の形態のひとつで、文字通り一人をすることである。 基本的には旅行者自身で交通手段や宿泊する場所などの段取りもつけての単独でのを指して、この語は用いられている。 一人旅一人をすれば成立するので様々なスタイルがありうる。
    11キロバイト (1,574 語) - 2020年11月13日 (金) 18:02



    (出典 shigira.com)


    一人で色々みて回って、最後は旅館の温泉に入れたら最高やな(*´ω`*)

    1 風吹けば名無し :2021/10/24(日) 01:48:36.20 ID:Fmgn1db8M.net

    沖縄福岡大阪京都名古屋東京北海道以外で


    【【観光】一人旅に向いてる観光地ってどこにある???】の続きを読む


    2019年に発生した新型コロナウイルス感染症(しんがたコロナウイルスかんせんしょう)は、世界保健機関(WHO)による国際正式名称をCOVID-19といい、SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) がヒトに感染することによって発症する気道感染症(ウイルス性の広義の感冒の一種)である。
    102キロバイト (11,717 語) - 2021年10月25日 (月) 01:53



    (出典 d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net)


    きちんと減少の理由が分かってないと終息に向かってても不安は残りますねU・x・U

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/10/24(日) 10:44:08.50

    一時は日本でもどうなってしまうかと心配された、新型コロナウイルス感染症の大流行。
    ところが、ここにきて感染スピードは急速に収まってきているようにも感じられます。

    もしや、このまま収束する? それとも、また次の感染拡大期がやってくる?
    今回のGiz Asksでは、この疑問を複数の専門家にぶつけてみました。

    Marisa Eisenberg ミシガン大学疫学准教授

    いつ新型コロナウイルスが終焉を迎えるのかを具体的に示すのは非常に困難です。ただはっきりしているのは、まだまだ長い道のりが待っているということでしょう。
    いわゆる「ゼロコロナ」を目指すのは理想の世界ですけど、そこへ少しは近づきつつあるようです。これは季節的な影響かもしれません。

    あるいは、多くの人がワクチンを接種したり、すでに感染して一定の免疫を獲得したことにより、たとえ新たに感染しても重症化する確率が低下しているのかもしれません。
    このままマスクの着用や全世界でのワクチン接種率の向上という予防措置を継続すれば、感染スピードを落とし、免疫強化が進んで、
    単なる風土病の一種に新型コロナウイルス感染症が落ち着く方向性へと向かっていき、重症患者や死者数は減少していくことでしょう。

    もし基準を示すとすれば、新型コロナウイルス感染症による入院患者数や死亡者数が、きわめて少なくなるときに、
    パンデミックは収束を迎えたと定義できるのではないでしょうか。その数値は国によって異なりますが、
    季節性インフルエンザがもたらす影響と同程度に落ち着くかどうかは、一つの指標になり得ます。

    米国内では、毎年インフルエンザで1万2000人から6万1000人が死亡してきました。
    一方、2020年の新型コロナウイルスに起因する死者数は、米国内で37万5000人、今年はこれまでに約29万5000人です。

    大切な別のポイントは、パンデミックが収束する時期は、国や地域によって異なるという点です。
    ワクチン接種率、ソーシャル・ディスタンスやほかの予防措置の徹底は、場所によって異なっているからです。

    さらに、ある場所でパンデミックが終わったと思われても、その長期的な影響は残り続けるでしょう。
    それは、メンタル面でのダメージかもしれませんし、誤解や誤情報による不信感、経済的なインパクトが残ってしまうことかもしれません。

    Leana Wen博士 ジョージワシントン大学公衆衛生学教授

    そもそも社会として、われわれはパンデミックの収束とはなにかを、いまだ定義していない。新型コロナウイルスの新規感染者がゼロになったらだろうか?
    医療崩壊を懸念する必要がない程度の入院患者数に落ち着けば、もうパンデミックは終わったと考えてよいのか? 死亡者数が、ある一定の数値を下回ればよい?

    いずれにせよ、ほとんどの人が同意すると信じているが、この新型コロナウイルス感染症という、われわれにとって最悪の健康上の危機は、
    もはや心配する必要などないというレベルに到達するまで、まったく落ち着いてきてなどいないということだけは確かだ。

    近いうちに、そうした状態を迎えるとも、個人的には考えていない。子どもたちにワクチン接種が進められない状態で、その希望はもてないだろう。
    また、世界では、大いに必要と思われる層にさえワクチンがいきわたっていない。これからいずれかの時点で、パンデミックが落ち着くとはどういうことなのか、新たな定義づけがなされることだろう。
    それは、もはやコロナのことを念頭に置くことなどはなく、さまざまな決定を自由に下せる時代のことだ。現時点では、まったくその状況に近づいてもいない。

    Art Reingold カリフォルニア大学バークレー校疫学首席教授

    率直に答えるならば、だれも確かな答えなど出しようがない。その一因は、ワクチンの効果をすり抜ける変異株による不透明な見通しや、
    世界全体で高いワクチン接種率を達成できる時期を見通せないことにある。

    しかしながら、将来的にまるで季節性インフルエンザと似たようなパターンで、定期的に風土病と化した新型コロナウイルス感染症の流行が生じる世界になるだろう。
    その時期を述べるならば、早くとも今後1年から1年半のスパンでは訪れないと考えている。
    https://www.gizmodo.jp/2021/10/covid17convergence.html


    【【コロナ】感染者が減少しつつある今、コロナは終息になるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ