琵琶湖では11月下旬頃から1月下旬頃までワカサギ漁が行われ、時期によって沖(ちゅう)びき網など数種の漁法で漁が行われている。 宍道湖では1994年を境に漁獲量が大きく減少したが、夏期の高水温が原因と考えられている。 ワカサギ釣りには、氷上穴釣り、ドーム船釣り、ボート釣り、岸釣りなど、多様な方法がある。仕掛けは胴突きのサビキを用いた釣り
12キロバイト (1,625 語) - 2021年12月21日 (火) 06:53


釣ったワカサギをその場で天麩羅にして食べたいな(^◇^)

【【釣り】赤城・大沼の氷上ワカサギ釣り解禁 釣り客で賑わう】の続きを読む