全国旅行の旅

全国各地の【旅行先とTwitter・5ch・2ch等のつぶやきコメント】のまとめサイトです。
人気スポットから知らない旅行スポットの詳細まで知れるかも?
これをきっかけに、あなたもレッツ旅行!!

    タグ:神秘的


    【絶景】奥日光の小田代原で草紅葉見頃 朝霧から覗く姿は幻想的


    朝霧の中にグラデーション 奥日光で草紅葉が見頃
     栃木県の奥日光の小田代原で草紅葉が見頃となり、色の濃淡でつくるグラデーションが湿原に秋の景色を見せている。  日光自然博物館によると、8月下旬ごろ…
    (出典:下野新聞SOON)


    奥日光(おくにっこう)は、栃木県日光市の日光連山から金精峠付近にかけての秘境を指す俗称である。一般的には竜頭滝より上の日光連山の西麓から金精峠の東麓にかけた地域を指し、狭義にはこの地域の国有林地のうち「奥日光」の住所地を指す。また中禅寺湖畔を含める場合や、日光市に接する群馬県利根郡片品村の金精峠西麓を含めることもある。
    12キロバイト (1,801 語) - 2021年9月7日 (火) 15:03


    早朝に訪れた方へのご褒美ですね
    凄い光景です!!

    【【絶景】奥日光の小田代原で草紅葉見頃 朝霧から覗く姿は幻想的】の続きを読む


    【絶賛】厳島神社の大鳥居 改修中の夜の姿が話題!!!!!


    厳島神社(いつくしまじんじゃ、公式表記:嚴島神社)は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社。式内社(名神大社)、安芸国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」。 古くは「伊都岐島神社」とも記された。全国に約500社ある厳島神社の総本社である。
    75キロバイト (11,121 語) - 2021年7月10日 (土) 10:48


    こんなに綺麗に映るものなんですね!!

    【【絶賛】厳島神社の大鳥居 改修中の夜の姿が話題!!!!!】の続きを読む


    「白いシャチ」を激撮!北海道・知床の海で

     北海道の知床でなんと「白いシャチ」がカメラに捉えられました!  大海原を気持ちよく泳ぐシャチの群れ。  よく見てみると黒いシャチの中に白い色のシャチが2頭泳いでいます。
    (出典:HTB北海道ニュース)


    シャチ(鯱、学名: Orcinus orca)は、哺乳綱鯨偶蹄目マイルカ科シャチ属の海獣である。日本ではサカマタ(逆叉、逆戟)という別名もある。 シャチは、魚類全般、サメ、クジラなどを食べる。 マイルカ科の仲間では最大の種であり、平均ではオスの体長は5.8 - 6.7メートル、メスの体長は4.9 -
    32キロバイト (4,409 語) - 2021年7月17日 (土) 08:16


    解明されてないってことはアルビノって決まってるわけじゃないんですね

    【【神秘的】知床に現れた珍しいシャチに興奮!!!!】の続きを読む


    志賀高原と命名し、スキー場などの開発を始めた。その後一の瀬地区や横手山地区にスキー場エリアが広がるとともに「志賀高原」を連想させる区域は広がりを見せた。 環境省が指定する上信越高原国立公園の「志賀高原地域」は24,986haあり、その範囲は概ね西側境界が志賀草津
    59キロバイト (7,857 語) - 2021年7月3日 (土) 08:51


    どこまでも雲海が広がってるのまんま天井の世界みたいで神秘的だ(≧∇≦)

    【【雲海】草津へ向かう途中で見られる絶景が幻想的すぎる✨✨】の続きを読む


    【限定】クラゲが水槽からこんにちは!!玉野海洋博物館で癒される✨✨


    神秘的な光を放つクラゲ見て 岡山・玉野海洋博物館に3種類約20匹、水槽でふわふわ
     玉野海洋博物館(岡山県玉野市渋川)に夏限定のクラゲ水槽がお目見えした。3種類約20匹が水中をふわふわと漂う様子に加えて、時折神秘的な光を放つクラゲ…
    (出典:山陽新聞デジタル)


    玉野市立玉野海洋博物館(たまのしりつたまのかいようはくぶつかん、Tamano Marine Museum)は、岡山県玉野市渋川にある玉野市立の海洋博物館である。愛称は渋川マリン水族館(しぶかわマリンすいぞくかん)。 当博物館は水族館と陳列館の2つのパートから構成されている。水族館ではウミガメやオタリ
    5キロバイト (544 語) - 2021年3月14日 (日) 01:44


    体が透明な生き物も珍しいですよね(´ω`*)

    【【限定】クラゲが水槽からこんにちは!!玉野海洋博物館で癒される✨✨】の続きを読む


    【幻想的】苔寺1300年の歴史を誇る絶景眺める!!!


    幻想的な別世界!京都『苔寺』の美しき絶景が生まれた理由
    …年の歴史を誇る臨済宗の禅刹は、境内を百二十余種の苔が覆っていることから「苔寺」とも呼ばれています。みずみずしい姿が悠久の世界へと誘ってくれます。 <写…
    (出典:婦人画報)


    西芳寺 (苔寺からのリダイレクト)
    西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の仏教寺院。天龍寺の境外塔頭だったが、現在は離脱して単立寺院。庭園は約120種の苔に覆われ、苔寺(こけでら)の通称で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基と伝え、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」としてユネスコ世界遺産に登録されている。
    14キロバイト (2,046 語) - 2021年6月20日 (日) 01:53


    落ち着いた雰囲気の良い所ですね(^_-)-☆

    【【幻想的】苔寺1300年の歴史を誇る絶景眺める!!!】の続きを読む


    【神秘的】夏に行きたい長崎オススメスポット5選


    【長崎県】夏の絶景・風物詩5選 森の中にたたずむ神秘に満ちた神社
     今回は、長崎県観光連盟の岸川清香さんが選ぶ、夏の風景5選です。  次の旅までの時間を使って、ゆったり妄想トリップをお楽しみください。 ◆岩戸神社 樹齢…
    (出典:CREA WEB)


    若宮島 (カテゴリ 長崎県の)
    若宮島(わかみやじま)は、長崎県壱岐島の北部に位置する日本の。壱岐市に属する。 2004年に島内の4町が合併して壱岐市となるまでは壱岐郡勝本町に属していた。勝本港の沖にあり、東側に中瀬戸を挟んで名烏島、西側にアブラメ瀬戸を挟んで辰ノ島があるが、この2はいずれも無人島となっている。
    3キロバイト (352 語) - 2020年12月15日 (火) 13:46


    岩戸神社って”あの岩戸”とはきっと関係ないよね(。´・ω・)?
    でも良さげな雰囲気で行ってみたいな(^^♪

    【【神秘的】夏に行きたい長崎オススメスポット5選】の続きを読む


    祇王寺(ぎおうじ)は、京都市右京区の奥嵯峨にある真言宗大覚寺派の仏教寺院。寺自体は尼寺である。山号は高松山。院号は往生院。本尊は大日如来。 法然の弟子・念仏房良鎮が創建したと伝えられる往生院の旧跡。 寺号は、平清盛の寵愛を受け、のちに捨てられて出家した白拍子の祇王
    5キロバイト (593 語) - 2020年8月13日 (木) 00:34


    普段雨の日は出歩かないですが、だからこそ違った世界が見えたりするんですね♪( ´▽`)

    【【神秘的】雨の日こそ映える⁉️京のお寺4選】の続きを読む


    【神秘的】夜光虫のいる海に刺激を与えると???


    海に石を投げたらビックリ  目を疑う光景 夜光虫とは・・・。
    …16日に富山湾で赤潮が確認され、メディアで夜光虫が大量発生しているとの情報を知った富山市の30代男性が撮影しました。 夜光虫とは体長約1mmのプランクトンの一…
    (出典:富山テレビ)


    ヤコウチュウ (夜光虫からのリダイレクト)
    ヤコウチュウ(夜光虫、Noctiluca scintillans)は、海洋性のプランクトン。大発生すると夜に光り輝いて見える事からこの名(ラテン語で noctis '夜'+lucens '光る')が付いたが、昼には赤潮として姿を見せる。赤潮原因生物としては属名カナ書きでノクチルカと表記されることが
    8キロバイト (1,093 語) - 2021年5月9日 (日) 05:12


    出かけ先の夜の海で見てみたいな(*'ω'*)

    【【神秘的】夜光虫のいる海に刺激を与えると???】の続きを読む


    神秘の名水 冷湖の霊泉 岩の間を澄んだ水 福島県昭和村

    …いう伝説が残る。言い伝えでは草を採取した所から水が湧き出して霊泉となったという。  霊泉に至る林道は砂利道で細く、運転には気を付ける必要がある。問い合…
    (出典:福島民報)


    昭和村 (福島県) (カテゴリ 日本市町村スタブ項目)
    矢ノ原湿原 奥会津昭和の森キャンプ場 水芭蕉としらかば杜 ハーメルン 南西へ約100km位置、群馬県にも昭和村がある。 「水芭蕉としらかば杜」 昭和村銘水 冷湖(ひゃっこ)の霊泉 日本音風景100選:からむし織りはた音 森巨人たち百選:峠路ケヤキ ^
    5キロバイト (493 語) - 2021年1月24日 (日) 04:35


    こういうひっそりと存在している場所を目指して旅行に出かけるのもありですね(^ ^)

    【【冷湖の霊泉】伝説残る神秘的な名水を見に】の続きを読む

    このページのトップヘ