全国旅行の旅

全国各地の【旅行先とTwitter・5ch・2ch等のつぶやきコメント】のまとめサイトです。
人気スポットから知らない旅行スポットの詳細まで知れるかも?
これをきっかけに、あなたもレッツ旅行!!

    タグ:遊歩道


    【観光】ガイドツアー中止中の奥入瀬渓流 通行止め解除されるも微妙


    ガイドツアーが中止に 奥入瀬渓流 通行止めは解消も (青森県)
     観光地も打撃を受けました。  奥入瀬渓流は、一時通行止めとなりガイドツアーが中止になりました。  十和田市の奥入瀬渓流は道路に土砂や流木が流れこみ通行…
    (出典:青森放送)


    奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市の十和田湖東岸の子ノ口(ねのくち)から北東に、焼山(十和田市法量(大字)焼山(字))までの約14kmにわたる奥入瀬川の渓流である。十和田八幡平国立公園に属する。国指定の特別名勝及び天然記念物。 渓流沿いにはいくつもの滝が点在し、この道は「瀑布街道」と
    4キロバイト (385 語) - 2022年2月27日 (日) 03:20


    川の濁りが残ってたらせっかく言っても微妙ですね(´Д`)

    【【観光】ガイドツアー中止中の奥入瀬渓流 通行止め解除されるも微妙】の続きを読む


    待ってました!称名滝の遊歩道通行が再開 落差日本一350メートル! 雪解け時期だけのハンノキ滝も健在
    …通行止めが続いていた称名滝の遊歩道が開通立山町にある称名滝の遊歩道は、3月に起きた雪崩により落石の防護柵が倒壊。 大型連休前に予定していた開通が延期…
    (出典:チューリップテレビ)


    称名滝(しょうみょうだき)は、富山県中新川郡立山町にある立山連峰を源流とする滝。その落差は350mで、日本一を誇る。弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込む。 称名滝の落差は350mで、日本一とも言われる規模を誇る四段構成の滝であり、一段目(最上部)が70m、二段目58
    6キロバイト (813 語) - 2022年5月8日 (日) 08:14


    間近だと聴こえてくる音が物凄いことになりそう(*⁰▿⁰*)

    【【絶景】落差日本一!富山県の「称名滝」遊歩道開通】の続きを読む


    大江の神通峡、また土砂崩れ 遊歩道沿いの沢、天然ダム状態で復旧未定
     大江町柳川の神通峡に通じる遊歩道(町道)沿いの月布川上流の沢が土砂崩れにより水がせき止められ、天然ダムのようになっていることが10日、分かった。決…
    (出典:山形新聞)


    神通峡(じんづうきょう、じんつうきょう) 山形県大江町にある渓谷→神通峡 (山形県)(じんつうきょう) 富山県富山市にある渓谷→神通峡 (富山県)(じんづうきょう) このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります
    333バイト (110 語) - 2010年12月2日 (木) 09:28


    5年ぶりの解放予定だったのかな?
    なんとも間の悪い土砂崩れですね(;´д`)

    【【ニュース】神通峡に続く遊歩道沿いで土砂崩れ 天然ダムの如く堰き止めに】の続きを読む


    昇仙峡(しょうせんきょう)は、山梨県甲府市、甲府盆地北側、荒川上流に位置する渓谷である。特別名勝に指定されており、国内有数の景勝地である。「日本五大名」の一つに数えられる。 荒川ダム 長潭橋 娥滝 1923年(大正12年)に国の名勝に指定され、1953年(昭和28年)には特別名勝に指定されている
    22キロバイト (3,401 語) - 2021年11月19日 (金) 14:33



    (出典 tokuhain.arukikata.co.jp)


    トイレ直撃は被害大きいですね(^_^;)
    でもけが人居なくてよかったε-(´∀`; )

    1 ひよこ ★ [US] :2021/12/19(日) 20:30:14.14

    https://mainichi.jp/articles/20211219/k00/00m/040/156000c

    毎日新聞 2021/12/19 19:50(最終更新 12/19 19:50) 361文字





    (出典 cdn.mainichi.jp)

    公衆トイレ(左奥)を直撃したとみられる落石(右手前)=甲府市提供

     奇岩や渓谷美で知られる甲府市の昇仙峡沿いの市道で19日午前、落石があり公衆トイレが半壊している、と地元観光関係者から市に通報があった。市によると、市道は渓谷沿いの遊歩道になっているが、けが人はなかった。18日夜から19日朝にかけて落石したとみられ、市は遊歩道の一部を通行止めにして原因の調査や安全確認を進めている。

     市によると、渓谷を流れる荒川に一辺の長さが最大約5メートルの落石とみられる岩があり、遊歩道上にも一辺約1・5メートルの岩があった。公衆トイレは壁などが壊れ、荒川に落ちた岩が直撃したとみられる。



     市は、主峰「覚円峰」や「夢の松島」付近を含む遊歩道約1キロを通行止めとした。期間は未定で、上流の「仙娥滝」付近は通行できる。

     昇仙峡では自然に発生する落石も多く、市は観光客らに注意を呼び掛けている。【田辺佑介】


    【【山梨県】昇仙峡で落石 公衆トイレ直撃し半壊、けが人なし】の続きを読む


    「白糸の滝」遊歩道が復活 内陸地震から13年ぶり

     宮城県栗原市花山の名勝「白糸の滝」の遊歩道の新ルートが、完成した。2008年の岩手・宮城内陸地震で崩れるなどしてこれまで通行できなかった。地域住民…
    (出典:河北新報)


    白糸の滝(しらいとのたき)は、日本における滝の名称のひとつである(本項では「白糸の滝」以外に「白糸滝」表記のものも含めて記載する)。 一般に、流下する水の様子が白糸や絹糸を垂らしたようであることから名付けられ、日本全国各地に同名の滝が多数存在する。1本の糸の
    6キロバイト (907 語) - 2021年3月25日 (木) 20:43


    地元にこんな自然が存在してたら通いたくなりますね

    【宮城の【白糸の滝】へと続く歩道、13年の時を経て復活へ】の続きを読む

    このページのトップヘ